2011年4月12日火曜日

フィッシュタコ




















私達の住んでいるところはアメリカとメキシコの国境まで車で30分程度とかなり南です。なのでこのあたりの名物もやはりメキシコ料理。メキシコ料理といっても本場な感じのものから、アメリカンな味付けになったものまで色々です。私は学生時代を南部にちょっと、あとは東海岸で過ごしたのでメキシコ料理というものにあまり執着がなく生活してきました。メキシコ料理の(と呼んでいいのか。。。)ファーストフード、Taco Bell(タコベル)が大好物でしたから。

しかしこの街に引っ越してきてから全くファーストフード系には行かなくなりました。なぜってもちろん安くておいしいお店が山ほどあるから。一体私がおいしいと思っていたメキシコ料理ってなんだったんだろうと思うほどです。

日本ではメキシコ料理=タコスというイメージがありますよね。タコスはタコの複数形で、こちらではみんなタコを食べようっていいます。またあのぱりっとしたシェルのタコは完全にアメリカのもの。論文を読んだところロスアンゼルスで生まれた食べ物のようです。またアメリカではブリトーというのもほとんどのメキシコ料理店で見られます。これは大きな小麦粉でできた柔らかい皮に具を詰め込んだ筒状のラップ。まるで大人の靴のような大きさです。これもメキシコでは食べないようです。


ここサンディエゴの名物はフィッシュタコ。白身魚のフライと大きめの千切りキャベツ、マヨネーズベースのソースに香菜などがサンドされています。トルティーヤと呼ばれる皮は基本的にはコーンミールが使われたテクスチャーと風味の強めの皮を2枚重ねているところが多いです。アメリカではあまり魚を使った料理がないので魚のタコっていうだけで日本人の口に合うような気がしませんか?

味もキャベツとフライ、マヨネーズがマッチしておいしいんですよ〜。フライにキャベツを合わせるあたりも私たちの食文化と似ているような気がしなくもなく(笑)。

もちろんこれもお店により味が微妙に異なっていて、値段もまちまち。私が今お気に入りのお店はストリートに止まっているフードトラックのタコでお値段なんと、1個1ドル!!!安い、安すぎる!ちょっと安全とは言いがたい街にあるのでちょくちょく行けないのが悲しい。1個1ドルでこんなのものが食べられるのにマクドナルドで450円くらい払ってビックマックを買うのが可笑しく感じられます。


お気に入りのお店はあるものの、私のおいしいメキシコ料理屋さんの旅はまだまだ続きます。


















↓はシーフードカクテルののったトスタダ。えびやいか、たこなどにオニオン、トマト、香菜、ライムなどで味付けをしたカクテルをトルティーヤを揚げたものの上にのせて一緒に食べます。これもまた美味。

0 件のコメント:

コメントを投稿