2012年8月5日日曜日

平野のブラシ

子供を生んでから悪くなったのは髪質。年齢のせいもあるのでしょうが、つやもへり、うねる、切れ毛、縮れ毛、と鏡を見るたびにいやになるほど。髪の毛って確実に年齢が出ますね。私の弟ですら「女の人の年齢は後からの髪の毛でわかる」というほど(笑)。若者と同じ髪型をしても無理がでてくるのは、髪質の老化によるものですな。顔と体の老化だけでも憂鬱になるのに、髪までしっかり年齢が現れるって。。。。

それまでは普通のナイロンブラシを使っていたのですが、今は猪毛のヘアブラシが欠かせません。私は平野というブランドのブラシを愛用中。お値段は6000円くらいとブラシにしてはえええええ!というお値段なのですが(少なくとも私にとっては)、一度使うとその良さに感動。このブラシでブラッシングすると確実につやがよみがえるのです。

動物毛のブラシの先は白っぽくなっているのですが、それは動物の毛の毛根部分なんだそうです。白い部分が減ってなくなったら寿命らしいのだけど、ちゃんとお手入れしてあげると10年くらいは余裕でもつそう。なるべく長く持たせたいので、小さな刷毛みたいなブラシでホコリと抜けてからまった髪を取り除くお手入れはずぼらな私もマメにしています。

私の娘は2歳ちょっとなのにすでに超ロンゲ。細くて絡まりやすい髪の毛なので、しっかりと髪をつかんでくれるこのブラシが、これまた大重宝なのです。





0 件のコメント:

コメントを投稿