2013年4月27日土曜日

お灸を据えてます。




すっかりすっかりブログを放置しておりました。

というのも、ぎっくり腰以来体調がすぐれず、体調がすぐれないと(大病じゃなくても)、
なんだかメンタル的にも沈みますよね。。。。
おまけに、腰を痛めて2週間後、本当にぐきっとまたきて(腰でなくお尻の上のほうなのですが、)
息子のサッカーの練習後で、フィールドでそのまま固まるという恥ずかしい姿をさらしました。

昨年の夏に娘を卒乳させてから、
女性ホルモンが崩れたのか、女性周期がばらばらに。
いつかなおるだろうと、ハーブティーを飲む程度で気にしていなかったのですが、
(PMSなどがとても楽だったのもあったのかも)
冷えがここ何ヶ月ひどくなっていることに気がつきました。

本当に足が冷えて冷えてしょうがない。

娘を妊娠するちょっと前、同じことが起きていました。
そのときも周期がめちゃくちゃ。
心配で婦人科に行ったら、卵巣に嚢腫ができていました。
片方にはもう何年もあるのですが、右にも新しくできていて。。。

でも半年間様子見って言われたんですよね。

しかし

様子見ってこわい。

様子見ていい事あるのか?とか(笑)。


婦人科のこんな症状にはやっぱり漢方。
ネットや本で色々読んで、
サンディエゴの漢方屋さんに行ってみました。

そしたら、


お店の人




全く英語しゃべれず!!!!!!!!!!!!!!!



完敗でした。本当ーーーーーーーーーーーーーーーに片言もいけないっぽい。
おじさんの口からでたのはオッケー!だけだった。


漢字を書いて筆談したけど、
紹介された薬はなんか普通に売られているパックのもので
質もわからないし、もちろん中国産だから
変に安いのも心配で
あきらめました。



しょうがないから日本から送ってもらおうかなあって思っていたら
サンフランシスコに漢方薬と鍼灸の診療所を開いている日本人の先生を見つけました。

さっそくメールでコンタクトをし、電話で問診を行っていただき、
漢方を送って飲み始めました。


そのときに
三陰交
にお灸をすることも一緒にすすめられました。


お灸と言えば


やっぱりせんねん灸!


そのときにはあまりの初心者だったので
こわくて一番マイルドなのにしました。

まあ、それで漢方とお灸をまじめに続けたところ
2ヶ月ほどでかなり体調がもとに戻り、

すぐに娘も授かったのです。

話が長くなりましたが、そんな経緯もあり
今回の冷えも絶対に良くないなと確信し、

同じ先生にお世話になることにしました。


前は遠方だとチェックしか使えなかったのですが、
今はオンラインストアもあり、
簡単に買い求められました。

もちろん、メールでちゃんと相談にのっていただき、
2種類をすすめられました。


当帰四逆加呉茱萸生姜湯

とストレスに効く

加味逍遥散

を購入して飲んでいます。
そして、今回も同じつぼを攻めるように!と
アドバイスいただき、
今回はちょっと強め(といっても普通)のせんねん灸を
日本から送ってもらいました。

同時に今回は
《ロイヒつぼ膏》という
http://www.nichiban.co.jp/medical/product/health/product/4_a01.htm
小さなステッカータイプの湿布も購入。
外出中でもつぼに張っておいたり、
腰の痛みがある場所にも使えるので便利です。

大きな湿布より、こちらのほうが用途が豊富で
かなりのお気に入り。

底値は
こちらのケンコーコム
お灸もかなり安めで、底値ではないのですが、
送料が1980円以上で無料、そうでなくても290円と格安で、
結局総合的に一番安いお店です。

私は家族に日本から転送してもらっていますが、
海外発送もしているようです。

私がお世話になっている
サンフランシスコの鍼灸漢方の先生のお店はこちらです。
信用できる先生がいると精神的に心強いです。

本当はサンフランシスコで先生の施術を一度受けたいなあと思うのですが、
いかんせんサンフランシスコなので。

とりあえずこれでがんばります!





ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけるとうれしいです!
海外永住 ブログランキングへ



0 件のコメント:

コメントを投稿