2017年4月20日木曜日

胃の不快感にお灸

先週一週間ほど、体調が優れず。

この3年ほど、排卵のあたりになると生理前より体調が悪くなることが。
胃痛、下腹部のシクシクとした痛みだったり張りだったり。毎月ではありませんが、ある時はとても苦痛。

ホルモンを整える漢方などを飲んだりしていて、生理前は辛くないし、生理中も不快感意外辛いことはないのですが、この排卵あたりの辛さはきついー。

特に胃痛。。。


この胃痛、胃薬は効きません。私の勝手な見解ですが、ホルモンからくる胃の痛みなので、胃が荒れているというわけではないんじゃないかと。なのでイブプロフェンが効果があります。

でも、胃が痛いのに胃を荒らす恐れのある薬を飲むというのもなんだかいやな感じ。


胃痛が始まって4日ほど、ふとお灸のことを思い出しました。
以前、食欲が落ちて胃の調子が悪い時にお灸と置き鍼をしたらとても効果があったことを。


早速、胃の真ん中にある、”中かん”というツボと、体力増強のための万能ツボ、”足三里”
それに、女性ホルモンのツボ、”三陰交”に朝夜二回お灸を据えました。

せんねん灸のとっておきの13のツボ、使えます。

胃のツボには置き針も。私は貼って何日も放置しておくので、お灸の際にはその上に
据えてしまいます。(これが安全かはわかりかねますので、個人の責任で行ってください。)

今回は最初のお灸を据えてから、すぐに効果が!


その日から薬は入らず、2日目にはほとんど何も感じなくなりました。


ホルモン的なものなので、時期的に治ったのかもしれませんが、この胃のツボ
やっぱり効くなあ、と再認識。

体調が良いとついお灸をしなくなってしまうのですが、毎日でなくても
体調維持、アンチエイジングのためにも日常的にお灸は据えた方がいいと再認識しました。


2017年3月29日水曜日

Crawfish Boil - ザリガニを食す

久しぶりにザリガニが食べたくなりました。クレオールやケイジャン料理は他の州、地域では見られない独特なものが多くて、一度食べると忘れられない味。

ザリガニはルイジアナが有名ですが、実はルイジアナでは食べたことがありません。

サンディエゴにあるザリガニ料理やさんで初めて食べて好きになりました。
ザリガニと聞くと、近所の汚い池で釣ったという記憶のある日本人は多くて、食べることに抵抗があるようですが、食べてみると小さなロブスター。美味です。(Wikipidiaにはタラバガニに似た味との表記がありました)


ということで、ザリガニのシーズンに入っているので、生きたザリガニを買ってきました。冷凍と生きたザリガニの味は雲泥の差で、冷凍なら面倒な思いをしてまで食べなくていいかも。(肉だけなら冷凍でもいいと思います。)

ベトナム系の魚屋さんに電話したら、その日の午後に入荷があるというので善は急げで、
車を飛ばしました。自分で好きなザリガニをとってよかったので、元気で大きいのを子供たちとこれだあれだとワイワイ言いながら袋に入れて、約2パウンドほど購入。

帰ってきてからバケツに入れてなんども水を入れ替えて泥をとります。
これをしっかりしておかないと美味しくないようです。

そしてビニール袋に入れて冷凍こへ。ここで半分眠らせてしまいます。

その間に大きなお鍋にレモンと玉ねぎを半切りにしていれ、大量の塩、ケイジャンスパイス、月桂樹の葉などを入れ45分ほど沸かし続けます。なめた時にかなりの塩辛さを感じるくらいの味にしておきます。

サイドで小さなお鍋にみじん切りのニンニク、バター、ケイジャンスパイスなどを入れて弱火で香りを出したものを作っておきます。(これは私の適当なレシピ)

そして、動きが相当鈍くなったザリガニをお湯に投入し、10分ほど茹でたらおしまいです。冷凍で眠らせることで、熱湯に入ったザリガニが暴れることがありません。ロブスターの人道的(笑)な調理の仕方という記事でこれが一番、彼らにとっても良いというのを読んで以来、ロブスターもこうやって調理しています。

茹で上がったらボールにあげてバターソースをかけておしまいです。
本場ではコーンやジャガイモを一緒に茹でるようですが、コーンはシーズンではないのでなく、ジャガイモもうちは食べなさそうだったので入れず。